keyboard_arrow_right
自宅で家庭菜園をつくろう! 

自宅で家庭菜園をつくろう! 

最近、スーパー行っても野菜が高くって。。買っても葉物の保存が面倒。。。との思いから節約しようと家庭菜園に目覚めました。
まだまだ初心者ですが、これからどんどん増やしていく予定(笑)こんなにハマると思わなかった。
季節通して旬なものを育てるのがベストだが、比較的育てやすかったものをピックアップしてみたよ。私が出来たから、みんなもできる!是非やってみて(*^_^*)

家庭菜園の魅力

家庭菜園でミニトマト

自宅菜園の魅力はズバリ、取れたてで新鮮!
自分で育てたから安心なところかな(*^_^*)
うちの子供は小学校四年生で野菜って嫌いな子も多いけど、ベランダ菜園で勝手に食育効果もあり、ばくばく野菜たべますよ♪
そういえば、初めて収穫したのがミニトマトだったのですが、収穫して一瞬でなくなってしまったので、お弁当に入れる分がなくなってしまった事件もあったな(笑)
当初の節約目的も達成できたし、子供・旦那と家族でコミュニケーションも増えて楽しい事づくめ。

家庭菜園へのステップ

①土選び
土は野菜や果物専用の培養土や畑懐の土などホームセンターやインターネットでもまとめて売られています♪ピンポイントで育てる野菜専用のもあったけど、私は肥料がすでにブレンドされた万能タイプをチョイス。便利です。

②種まきor苗を買う
種から育てる派なら↓
固定種(在来種)=何世代にもわたり絶えず選抜され、遺伝的に安定した品種。
F1種=人為的につくられた一代限りの雑種。
これは、知らなかったのですが、オーガニック大好きな主婦友が種には色々とあると教えてくれて調べたのがきっかけ。全部一緒だと思ってました(笑)
私は、苗をホームセンターである程度育っているものを購入しました(^-^)

③収穫
待ちに待った♪楽しい収穫♪
子供だけでなく大人もはしゃぐという。
忙しい日でも、自分で作った野菜が入っているだけで丁寧な生活を心がけようとふっと思う瞬間がある喜び。

育てやすい野菜たち

-ミニトマト
ベランダ栽培で育ててる人も多いのでは。色々な料理にも使えるし見た目にもかわいいですね。

-シソ
大葉は免疫力を高めてくれる野菜。
日本料理には色々使われているので、使いやすいはず。

-オクラ
暑さに強く、育てやすいのが特徴なオクラ。

-ネギ
一度収穫しても、その後また生えてくるので同じ場所から二度栽培できる嬉しい野菜。

-ゴーヤー
夏場は、日差しに緑のカーテンにもなってくれるゴーヤー。
うちの息子も大好きな野菜。